JA(ja)教育ローン

ja(農協)の教育ローンを検討されている方も多いかも
しれません。

jaというのは、Japan Agricultural Co-operatives
(日本の農業協同組合という意味です)を略したものです。

新しい農業協同組合(略して農協)のイメージを
最もよく表す愛称として1992年4月から(JA)jaと
使用されています。

教育ローンと言うと、国民生活金融公庫や銀行の教育ローンが
頭に浮かびますが、JAでも教育ローンを扱っています。

国民生活金融公庫の融資は、国の教育ローンですから
誰もが利用したいと思われますが、審査があって、
条件に合わなければ当然利用できません。

JA(全農)の教育ローンは、jaの組合員であれば
融資を受けられることが多いので、是非、検討してみましょう。

JAの教育ローンを利用する条件としましては、
まず、申し込み時に契約者が満20歳以上。

完済時に満71歳未満であること、さらに前年度の年収が
150万円以上であること、そして勤続年数が1年以上で
JA地区内に1年以上居住していること、などになります。

教育ローンの内容によって少し違ってくる場合もあります。

ja教育ローンは、最大で500万円まで貸し付けることが
出来ます。

融資を受けたお金は、入学金や授業料など教育費全般、
また下宿代などにも使えます。

融資期間は、6ヶ月単位で7年以内になりますが、
在学中に元金の返済を据え置くことができるので、
据え置き期間を含めると最長14年以内ということになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。